20年以上の経験を持つ職人が、外壁塗装や屋根塗装などの塗装工事を丁寧に施工。墨田区で外壁塗装なら、「外壁・屋根塗装専門店 ライフサービス」へ。

お気軽にお問合せください

03-5296-3009

営業時間

9時~18時(土日祝を除く)

屋根塗装工事の流れ

屋根塗装工事の流れ

こちらでは屋根塗装工事の工事前から工事後までの基本的な流れをご説明いたします。

ご検討の際のご参考にしていただければと思います。

工事前の屋根の様子

工事前の屋根の様子です。

この家は、15年ほど何もしていないとのことで、ごらんの通りコケが生えて、棟の板金部分もかなりサビている状態です。

高圧洗浄

まず、コケ・汚れ等を落とすために、高圧洗浄します。コケなどは手落としでは完全に落とすことができないので、高圧洗浄機を使って作業していきます。

高圧洗浄後

洗浄後の様子です。

コケ・汚れ等もきれいに落ちました。

 

下塗り

しっかり乾燥させてから、屋根専用の下塗り材を塗っていきます。(今回はニッペの1液ベストシーラーを使用)

下塗りは、上塗り材との密着を高めるのと、吸い込み防止のために塗りますので、非常に大事な工程になります。

あと、下塗りは1回塗れば済む場合もありますが、吸い込み度合いがひどい場合は、乾燥後も濡れ感が出るまで、何回も塗り重ねていきます。

下塗り後

下塗り後の写真です。

棟の板金部分は、通常は鉄部専用の下塗り材(一般でいうサビ止め)を塗るのですが、今回は状態が悪かったので、サビ変換塗料という、赤サビを黒サビに変換させてサビの進行を止めてしまうという特殊な塗料を、ケレンした後に塗っています。

縁切り処理(タスペーサー工法)

タスペーサーを差し込む前

次に、下塗り後に縁切り処理をおこないます。

タスペーサーというプラスチック製の板状のものを屋根材と屋根材の重なり部分に、縦目地付近に差し込んでいきます。塗装をすると、重なり部分が塗料でふさがってしまい、屋根材の中に入り込んだ雨水等が排出されなくなり、その結果雨漏りの原因となることがあります。

ですので、タスペーサーを差し込み、すき間を作ることで、重なり部分が塗料でふさがることもなく、塗装をしてもきちんと雨水等が排出されるようになります。

 

 

タスペーサーを差し込んだ後

中塗り

次に、中塗りをしていきます。(今回はニッペのファインシリコンベストを使用)

左が中塗り後の写真です。

上塗り

次に、上塗りをしていきます。

中塗りと同じ塗料を使用していきますが、塗膜の厚みを出すためにもう一度塗っていきます。

上塗りをするのとしないのとでは、耐候性、耐久年数がかなり変わってきますので、これも大事な工程となります。

完成

きれいになりました。

これで工事完了となります。

その他のメニュー

外壁塗装工事の流れ

屋根修繕工事の流れ

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-5296-3009

受付時間:9時~18時(土曜日、日曜日、祝日を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-5296-3009

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

会社紹介

 外壁・屋根専門店
 ライフサービス

03-5296-3009

〒130-0004
東京都墨田区本所1-28-4
ラ・カージュ本所1F

施工エリア

墨田区、江東区、江戸川区、葛飾区、足立区、荒川区、北区、台東区、文京区、豊島区、千代田区、港区、渋谷区、目黒区、新宿区、板橋区、練馬区、中野区、杉並区、世田谷区、品川区、大田区、市川市、浦安市、船橋市、松戸市、鎌ヶ谷市、松戸市、流山市、柏市、我孫子市、野田市、三郷市、八潮市、草加市、越谷市、川口市、蕨市、戸田市、和光市、朝霞市、新座市、所沢市、さいたま市、川崎市、横浜市、大和市、綾瀬市、海老名市、座間市、厚木市、藤沢市、鎌倉市、逗子市、横須賀市、その他近隣地域